<オルケストえいがカレンダー  平成29年4月9日(日)>

おはようございます!

今日は4月9日。日曜日です。

一般的に filmmakerというと、映画監督・映像作家のことを指す言葉だと思いますが、オルケストでは、どのような役職、ポジションであれ、確かな志を持って映画に携わっている人のことを filmmakerと呼ばせて頂いております。

本日紹介する filmmaker(映画制作者)は、白木羽澄さんです。
白木さんは、多摩美術にて主にフィルムを使った映像表現を学び、現在も作品作りを続けられています。一般的な映画という形式ではなく、映像をコラージュして物語を作っていくスタイルで、『感じる作品』ですね。

オルケストで配信している一本『架空旅行』(2015)は、幼少期に体験したオーストラリア旅行での“夢のような時間”を下敷きに、その時に感じた想いを16mmフィルムに、手書きアニメーションで描いた短編作品です。

6分間の短い作品ですので、ぜひ一度、最後まで鑑賞してみてください!
https://orquest.jp/videos/falsetrip
http://hasumi-film.blogspot.jp

海外での上映経験も豊富な白木さんの作品群。やはりテーマ的に、日本よりも観られる機会が多いのでしょうか。。

皆さんは、自分で自分のことがわかりますか?たまにわからなくなることはありませんか?自己の不確かさ。当てにならなさ。結構、感じる瞬間、あったりしますよね?

白木さんの作品は、そうした、ふとした時に感じる「存在の軽さ」みたいなものを、えぐり出すような主題の作品が多いです。

自分という存在の不確かな感覚、自己の内面を見つめた、白木さんならではの映像表現を体験することができると思います^^

白木さんのフィルムにアニメーションを描く表現方法は、注目度の高いアイドルグループsora tob sakanaのMV『夏の扉』の中でも使われています。

『夏の扉』MV

今日のえいがカレンダーはここまでです。

今日も一日、映画のように素敵な日をお過ごしください!

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.