【オルケストえいがカレンダー  平成29年4月8日(土)】

おはようございます!

今日は4月8日。土曜日です。今日の東京はどんより雨模様です。。
こんな日は、いい映画を観て、スカッと笑顔になりたいですね!

みなさんは映画とは、一体なんだと思いますか?

ある映画プロデューサーがこんなことを言っていました。

「俺にとって、映画とは社会と歴史なんだ。大きな物語性や、人間の生活。そうしたものをふんだんに含んだものが映画だと思う」

非常に、一理ある意見だと感じます。

オルケストは『映画は人間味』だと考えています。

人間味とは、人間らしい温かみのことです。それがなぜ映画とイコールで繋がるのか、というのは、説明するのが至極難しいのですが、キーワードとしては『言わなくても分かる』『なんか察する』『気持ちが伝わる』そんな感じが、映画に通ずると感じているからです。

みなさんの意見もぜひ、聞かせてください!

『映画は娯楽の王様だ』そんなことを言われた時代もありました。
1950年代〜60年頃のことでしょうか。

時代は巡り、現在は娯楽が多様化した結果、映画は王様ではなくなった感じもありますが、それでも映画の持つ影響力は健在です。

『なぜ人は映画に惹かれるのか』この命題もオルケストが生涯追いかけ続けていくテーマであります。

アンドレ・バザン(1918-1958)というフランスの映画批評家が『映画とは何か』というタイトルの本を出版しています。アンドレ・バザンは超有名なフランスの映画批評誌『カイエ・デュ・シネマ』の創刊者で、初代編集長を務めた、映画批評における第一人者です。

岩波文庫から新訳が出ているので、気になった人は読んで観てくださいね!
https://www.iwanami.co.jp/book/b246640.html

オルケストは、えいがをIntroduction(紹介)する、filmmaker(えいがを作っている人)を紹介する、まずはそんなところから、はじめてゆければな、と考えています^^

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.